英霊鎮守

戦後65年目、とうとう日本は赤化してしまうのか? いや、断じて赤化させてはいけない。戦前日本は赤に対しての防波堤であったがアメリカの帝国主義の前にその防波堤は崩された。
 
 
プロフィール

藤田東湖

Author:藤田東湖
祖先の功績を称えるべき、そして祖先が我々に託した日本を共産主義から守らなければいけない。

靖國神社
ブロとも一覧
最新コメント
Amazon商品一覧【新着順】
Flashリバーシ
全記事表示リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常に矛盾が付きまとう左翼論者 

br_decobanner_20100614122745.gift02000050_0200005010339436243.gif




少し前の記事でも挙げたが、戦後のいわゆる革新的左翼の連中は、実に矛盾だらけである。戦後最大の混乱であった60年安保闘争の彼等にも同じ事が言える。口々に日米安保反対を声高に叫んで死傷者までも出しているが、その当事者の学生は米国の置き土産の自由、平等をさんざ謳歌しながら、そして米国の占領政策の一つ100%米国製の憲法はそのまま受け入れながら、その思想故「反米」を唱えた。

 この60年安保の最大の目標が「安保反対」「米軍基地反対」そして「自主憲法制定」が加わっていたのであれば彼等は真の革命家としてその名を後世に残していたであろうし、そして今の日本のこの現状は変わっていたと思う。

この60年安保の主だった大学は最高学府の東大だと言う。 その頭脳を持っているが故、この矛盾が付きまとっていた事は歪めず、当時のリーダー的存在が過去を回想し、口々に「自己否定」に苦しんだと言う、少なからず、この矛盾についても含まれていたからこそ、彼らは「自己否定」という無間地獄に陥ったのだ。

その60年安保時代の日本製社会主義イデオロギーをそのまま受け継いだ現在のサヨクも、その思想の元はかつての冷戦時代の東側と理解しているくせに米国の置き土産的憲法、その他民主化政策はそのまま有り難がっている。しかし米軍の基地の問題となると沖縄から米軍出て行け、米国追従政策は止めろと言う。そして、そのサヨクの犬とも言うべき、ろくに知識も無い自称知識人や実体を見失ったコメンテエーターなどが自らの思想の矛盾に気付かず、そして覚悟も持たずテレビなどで、この大いなる矛盾を声高に叫ぶものだから、多くの国民は混乱し、自分で考える事を失ってしまっのだ。
 
この状態が数十年も続いたお陰で、考える事を失ってしまった国民が「平和を守れ」「人権を守れ」「差別は許さない」などと、その本質的な理解もあやふやなまま叫んでいるのが現状だ。永遠の平和なんぞ、どこの国の人も願っているし、人類の最大の目標でもあるのだ。幾多の戦争を繰り返した人類、世界中の国々だって当然解っている、叫べば平和が来るほど甘くない現実を・・ 

憲法に戦争放棄の条項があるから戦争が起きないのであれば、世界はとっくに変わっている事実すら気付かないのである。人権、差別についても全く同じ事が言える。 すでに思考が止まって考えようとしないある種の団体が、事あるがごとくこの二つを合言葉にし、その対象となる物に攻撃を仕掛けているが、攻撃する側も人権、差別について本当の意味を理解して居らず、逆に攻撃される側も理解をしていない結果、金で解決してしまおうと言う打算的な解決方法を取るものだから、それに味をしめた連中が溢れかえって居るのが現状なのだ。


人権団体の人権に対する定義を正とするならば、世の中、問題だらけなってしまい社会生活そのものが成り立たなくなってしまう。現在何かにつけて出てくる差別という意味の取り方もまったく同じ事が言える。 真の人権、差別、平和とは何たるかを説く義務があるのは政治であり教育なのだが、全くその姿勢は見られない。まして現状ではさらに本質を失った偽りの平和、人権、差別を説いている代表が民主党であり、日教組、日弁連なのだ。


国旗 国歌についてもサヨクは非常に矛盾しているところがある。特に末期的精神疾患の集団、日教組が常々「日の丸反対、国歌反対」と唱えるのであるなら、その代案を持って抗議するのが当然だと思うが、ただの一度も日章旗の代案など見たことも聞いたことも無い。国歌については1950年ごろ北朝鮮の歌のような吐き気の催す歌を、その代案に出したらしいがすぐさま却下されたと言う。 それだったら君が代を完全に認めるべきだし、嫌なら再度代案を掲げて抗議するのが常識と言うもんだ。

国旗は国のシンボル、国歌はその国の歴史を現しているのだ、だから当然の如く国際大会で使われている。左翼に言わせれば国旗すなわち日の丸は、軍国主義の象徴だから駄目だという。オリンピックや現在行われているワールドカップで盛んに日の丸は振られていることに対しては、左翼どもは一斉にその攻撃をやめてしまう姿を見れば、如何に左翼どもが思考停止を繰り返す、精神疾患なのが手に取るように解るであろう。

戦争とスポーツを比べるのはおかしいが、国と国とがその存亡をかけた真剣勝負の時は必ずそのシンボルを振りかざすのはどこの国でも同じ。 要は国旗は国と国との勝敗に係わる時に使われた被害者ともいえる。旗に何の罪があるというのだ。

現在では「リベラル」という如何にも大衆向けで甘い香りのする一種の詐欺的言葉で国民を欺く社会主義者、日本に定着した社会主義思想は常に矛盾と偽りの繰り返しであって、現在もそれが続いている。国民は早急にその矛盾に気付かなければ、その先に待っているものは亡国と言う二文字なのだ。


japan.jpg
スポンサーサイト
コメント
おはようございます。
本当に私は左翼といわれる人たちのよくわからない論理にはほとほと参っています。
私の両親がまさにこれで、反米で「アメリカは日本から出ていけ」というくせに押し付け憲法はありがたがり、「9条があるから日本は平和」と社民党のようなことを臆面もなくいい、では仮にアメリカ軍が日本から撤退した後国防はどうするのかといえばまったくビジョンがない。ビジョンのなさを隠すためか、ひたすら「日本に軍隊はいらない」とだけ繰り返している。
日の丸はあの戦争のあしき旗印と頭から信じ込み、「見たくもない」。君が代は「皇室だけで歌えばいい」。靖国神社に至っては「そんなところに魂はいない、新しい施設をつくればいい」。
なにをかいわんや。
これが親のみならず親戚一同そうだからたまらない。もっと広い視野で、そして何より日本人としての視野でものを見てほしいものだと痛感している昨今です。
Re: おはようございます。
いつもコメントで熱弁ふるって頂き、感謝しております。 見張り員さんが危惧してるように
その洗脳と言うべき、GHQの占領政策が65年経ってもまだ根強く存在しています。これを解くにはやはり65年程度はかかることでしょう。とにかくその洗脳解除にスタートをきる事が大切ではないかと思います。 65年後は生きていませんが、65年の後の日本人に自信を持って貰うには、今の日本人がそれをやらなければいけないと思います。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://momochan1225.blog31.fc2.com/tb.php/99-b9ed3820
応援サイト
矜持 英霊来世
立ち上がれ日本
最新記事
リンク
日本を救う100人のブログ
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
710位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
319位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。