英霊鎮守

戦後65年目、とうとう日本は赤化してしまうのか? いや、断じて赤化させてはいけない。戦前日本は赤に対しての防波堤であったがアメリカの帝国主義の前にその防波堤は崩された。
 
 
プロフィール

藤田東湖

Author:藤田東湖
祖先の功績を称えるべき、そして祖先が我々に託した日本を共産主義から守らなければいけない。

靖國神社
ブロとも一覧
最新コメント
Amazon商品一覧【新着順】
Flashリバーシ
全記事表示リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の左翼の腐臭漂うイデオロギー 


知らない人が居るかもだから説明しますと、左翼とは日本的に社会主義者や共産主義者を指します。しかし日本の左翼思想者は旧ソ連や中国 東欧 北朝鮮の例を見るように悲惨と絶望しかもたらさない事に気づきました。ソ連崩壊や
ベルリンの壁崩壊等々、自分たちの思想が間違って居ないと自分等を総括したくない左翼は、そのはけ口としてアメリカが自らの行為(原爆や非戦闘員の虐殺)を隠す目的で作られた東京裁判に於ける数々の捏造事件(南京大虐殺等々)
や、日本を2度と立ち上がれないように押し付けられた憲法や反日イデオロギーで日本人をこき下ろす事に情熱を傾ける変態集団(今で言うサヨク)に成り下がりました。今の日本のサヨクは思想も何も持ち合わせてる訳ありません。
そもそも今の日本共産党は世界共産主義革命を成すための日本支部だったのです。要するに日本政府公認の連合赤軍みたいな物です。そして査問と称して殺戮を行い、挙げ句の果ては政治資金を調達するために銀行なども襲ってます。
そして目に余る行動から、当時の政府は弾圧に乗り出したと言うことです。サヨクどもはこれを言論弾圧だと今でも騒いでますけどね。そういった経緯もあるんで日本国家を恨み続けているんでしょう。この危険な思想の持ち主が流派を変え、時代の経過と共に進化してきた連中が今の日教組であり、共産党であり、社民党なわけです こうやって歴史をひも解いて行くと辻本のような犯罪者議員を放置してる社民党も納得します。そしてもっとも危険なのがこのサヨクどもが、今の政権を運営してると言うことです。1日も早く政権が変わることを日本の神に祈るばかりです。
 <真の独立を目指したい方 ポチっとお願いします ┏○ペコ
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://momochan1225.blog31.fc2.com/tb.php/8-5e78e5b6
応援サイト
矜持 英霊来世
立ち上がれ日本
最新記事
リンク
日本を救う100人のブログ
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
569位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
248位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。