英霊鎮守

戦後65年目、とうとう日本は赤化してしまうのか? いや、断じて赤化させてはいけない。戦前日本は赤に対しての防波堤であったがアメリカの帝国主義の前にその防波堤は崩された。
 
 
プロフィール

藤田東湖

Author:藤田東湖
祖先の功績を称えるべき、そして祖先が我々に託した日本を共産主義から守らなければいけない。

靖國神社
ブロとも一覧
最新コメント
Amazon商品一覧【新着順】
Flashリバーシ
全記事表示リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナショナリズムを理解出来ない日本選手 


br_decobanner_20100520183506.gif




昨夜、ワールドカップ前の国内試合に於いて朝鮮人に惨敗した日本の代表チーム、相変わらず弱い。近年の国際試合に関してはオリンピックといい、その他の国際試合に関しても事ごとくその弱さを露呈しまくってる。特にその弱さを露呈しまくっているサッカー日本代表、 サッカーはその競技上の性質やサッカーが始められた起源からスポーツを超えた国と国との戦いとも言われている。南米ではサッカーの国際試合の勝ち負けで、実際の戦争が起こってしまうほど民族意識丸出しの競技なのだ。然るに国際試合に関して言えば、国の威信や名誉を諸外国の選手は一身に背負って居るのだが、日本の選手には国を背負うと言う意識が全く感じられず、まるで国の威信よりも自分のキャリアが大事、自分の未来が大事と言ったような個人的なレベルでのパフォーマンスが各所に見られる。諸外国の選手と日本の選手の決定的な違いは、ナショナリズム的意味、そして如何に国の為に自分の力を発揮できるか否か、では無いのであろうか? 残念ながらと言うか、ある意味国際的な感覚の欠如とでも言うか、世界の代表選手が持っている国の威信的な究極の意識が、日本の選手は欠けて居るのだ。

中継の時に、ロクに経歴も実力も無い解説者が使っている「気持ち」って奴だと思います。「気持ちで負けていますねぇぇ」あれです。能無し解説者が言っている「気持ち」とは「アグレッシブに」とか「勝つ意思」だとかでしょうけど、そんな気持ちは競技として当たり前の事、各選手に必要な「気持ち」とは、国民の気持ちを一身に背負っている気持ち、国の栄光と名誉の為の気持ち、が決定的に欠けているのです。昨夜の試合で途中から出てきた森本選手などのモチベーションは以前,語った事だが「池田大作先生の為に結果を残したい」程度のものだ。

個人レベルではそこそこ実力があり海外でも一応は活躍できるが、いざ代表戦となると惨敗してしまう。そこには相手国の強烈な程のナショナリズム的モチベーションに圧倒されてしまっていると思わざる得ない。 前回の記事で書きましたが、サヨクに席巻された日本ではナショナリズムとか愛国心と云う感覚を持っただけで、周りから悪人のレッテルを貼られてしまう現実があります。この愛国心を悪者にする政治家やメディアが益々国を退廃させているのです。愛国心、民族意識と云うものが国際大会で戦う選手には絶対的に必要だと思うのですが、今の選手はその教育課程でそれを学んでいない上に、愛國心や民族意識的な事は全て「悪」と教えられている故に、戦うことの意味が他国の選手より幼稚な為、国際大会では勝てないのだ。

日本の周辺の下等民族は自国のナショナリズムと日本を敵視することで、国の統一図っているのが現状です。その現状に気づかず、己の権力や政権安定の為に捏造された物まで認め、過去何度も謝罪し、日本人が日本に嫌悪感を抱かせてきた政治家の罪は非常に重い。
何十年と傷つけられてきた日本の威信や誇り、これらをを取り戻すには、カルト的な洗脳からの脱却を大前提とし何年かかろうととも、愛国心を育む教育環境を作らなければ日本の未来は無い。
スポンサーサイト
コメント
No title
お説ごもっともです。

サッカーの国際試合は観る気にもなれません。

拍手
こちらをご覧になっているみなさんへ
この場を少しお借りいたします。
申し訳ございません。
(既出でしたら、すみません。)

参議院議員の西田昌司先生が
衆議院の解散総選挙を求める署名活動をされています。
締め切りは5月31日を目途にしているようです。

詳しくはホームページ、ブログでご確認下さい。


◎西田昌司公式サイト
http://www.showyou.jp/

◎西田昌司事務所ブログ
署名に関するお問い合わせへの回答が書かれています。
http://ameblo.jp/j-shoujinishida/entry-10538829645.html

◎署名用紙ダウンロード
http://www.showyou.jp/news/kaisan.pdf
としぼーんさん、こんばんは。
今や「戦争をしない代わりにスポーツがある」と誰かが言ってました。
となると、負ければ国が亡くなるというくらいの意気込みで、
対戦相手に挑むべきではないでしょうか?
だから試合前に国歌を歌い、勝てば国旗を高々と掲げる。
アメフトなんかは戦術を想定したスポーツだと聞いた事もありますヨ。

西田署名活動、ニ イ タ カ ヤ マ 登山中デス <"0" ラジャー !
まさに
そのとおりであります。
私も最近こういったw杯などを見るたびにそういう感じがしていました。
国のために、という気概が感じられません。
まず国あっての自分という覚悟もなければ誇りもない、そんなことでは日本は早晩滅んでしまいます。
またそういった気概がないから朝鮮あたりに簡単に負けるんじゃないか、とも思ったり。
民族意識、ナショナリズムを持つと「怖い」と思うような洗脳を早く解かねばなりませんね!!
まぁね~スポーツは日本人は駄目でしょ!欧米人に負けるのは、これはしうょがない!でも同じ東洋人の朝鮮人に負けるのはネェ~!
愛国心は大事
本当、サッカー弱いですよね。
小1のころ(2だったかな?)
ワールドカップのときに惨敗して失望したことがありましたね。
それででしょうか?サッカー離れしてしまいましたw

やはり彼らはわかってないのでしょうね。国というものを。
わからないから自らの国を誇れない。

愛国心は大事ですね。


拍手!

日本代表
こんばんわ。
毎回国際試合だけは、日本代表の活躍を期待してしまいます。
しかし・・・
流石に今回は応援する気も失せました。

監督が戦わずに早々ギブアップ宣言とは何事か!(怒)
v-13
引用させてください。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://momochan1225.blog31.fc2.com/tb.php/79-1a19cee8
応援サイト
矜持 英霊来世
立ち上がれ日本
最新記事
リンク
日本を救う100人のブログ
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
569位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
248位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。