英霊鎮守

戦後65年目、とうとう日本は赤化してしまうのか? いや、断じて赤化させてはいけない。戦前日本は赤に対しての防波堤であったがアメリカの帝国主義の前にその防波堤は崩された。
 
 
プロフィール

藤田東湖

Author:藤田東湖
祖先の功績を称えるべき、そして祖先が我々に託した日本を共産主義から守らなければいけない。

靖國神社
ブロとも一覧
最新コメント
Amazon商品一覧【新着順】
Flashリバーシ
全記事表示リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大東亜戦争終結に於いての昭和天皇の御言葉 



私は、深く世界の大勢と日本の現状を考えて、特別な方法でこの事態を収拾しようと思い、ここに忠義の心を持った国民にに告げます。

私は日本政府に 米、英、支那、露の四カ国に対しポツダム宣言を受託するように、と通告しました。

そもそも日本国民の安全と世界の共存を共にすることは、我が歴代天皇の残した教えであり、私も大切にしている事です。

米英2国に宣戦した理由は、日本の自立とアジアの平和を願うからであり、他国の主権を侵したり、領土拡大の為
侵略する事は固(もと)より私の気持ちではありません。

然るに開戦以来すでに四年が経ち、我が陸海軍の将校が勇ましく戦い、役人達も懸命に働き一億の国民も力を尽くし、
それぞれ最善を尽くしたにも係わらず、戦局必ずしも好転しません。

世界の大勢もまた我々に利が無いことを示しています。

その上敵は、新たに残虐な爆弾を使用して非戦闘員達を殺傷し、その痛ましい被害は計り知れません。
このまま戦争を続ければ最後には我が民族が滅亡するだけではなく、延いては人類の文明をも破壊するでしょう。

もしそうなれば一億の民を預かってるいる私として、どうやって我が歴代の天皇の霊に誤ることができましょう。

以上の事が私が政府に対し共同宣言に応じさせるに至ったわけです。
私は、日本と共にアジアの解放に協力した国々に申し訳なく思わずには居られません。

日本国民で、戦地で死んだり職場で殉職された人々と、その遺族の事を思うと悲しみで心が裂ける思いです。

また戦傷を負い、災難で家業を失った人々の厚生について私は大変心配しております。
考えると、これから日本が受けるであろう苦しみは大変なものがあると思います。

国民の口惜しい気持ちは私はわかっています。しかし私は時の運に従い、耐えがたきを耐え、忍びがたきを
忍び後世の為に平和をもたらしたいと思っているのです。

私は日本の国体を護持し得て、忠義で善良な国民の真心に信頼を寄せ、いつも国民と共にいます。

もし感情のままにみだりに事件を起こしたり、国民同士が争って時勢を乱して、その為に道を誤って世界の信用を
失うような事は、私がもっとも戒めるところです。

この事を国を挙げて子孫に伝え、神国の不滅を信じ、任務は重く道は遠い事を肝に銘じ、将来の国の再建に向けて総力をあげ、道義を篤くし志を強くし、日本の優れたる所を更に高め、世界の進歩に遅れないように決意すべきです。

全国民に告ぐ 私の気持ちを汲んで身を持って行ないなさい


以上は終戦時 放送された昭和天皇の御言葉 「玉音放送」を現代的に書き直した者です。

先日、鎌倉にそびえていた樹齢約1000年の大銀杏の大木が倒れました。理由は大風でなぎ倒されたの事、とても残念に思います。

日本を大木に例えて考えて見ると、その大木は過去に数々の災難や業火にも耐え忍んできましたが、この60数年間に
内部から木食い虫やシロアリなどに犯され、倒れかけの瀕死の状態のように思います。

戦後、平和を貪るうちに国の中にも外にも日本をその害虫が食い荒らしています。国を司る連中は己の利権や派閥だけを考え、弱腰で無責任な発言により外敵に付入る隙を与え、国民を失望のどん底に突き落としました。

このままでは日本と言う樹齢2670年の大木は倒れてしまいます。この大木を支え、尚且つ巣食う害虫を駆除していくよう日本全国の国士様と協力していけたらと考えます。

何千万の手で支えて行けるのであれば、どんな大木も絶対倒れません。

今一度、昭和天皇の御言葉を理解し、日本と言う大木が健康に育つように皆様と協力していけたらと思います。

br_decobanner_20100322114909.gif
スポンサーサイト
コメント
No title
根が腐れば、どんな大木も倒れます。
根を肥やしていくように努力していきたいと思います。

拍手・くり
陛下の御言葉には、涙が出るね~














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://momochan1225.blog31.fc2.com/tb.php/34-b3c8062b
応援サイト
矜持 英霊来世
立ち上がれ日本
最新記事
リンク
日本を救う100人のブログ
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
710位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
319位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。