英霊鎮守

戦後65年目、とうとう日本は赤化してしまうのか? いや、断じて赤化させてはいけない。戦前日本は赤に対しての防波堤であったがアメリカの帝国主義の前にその防波堤は崩された。
 
 
プロフィール

藤田東湖

Author:藤田東湖
祖先の功績を称えるべき、そして祖先が我々に託した日本を共産主義から守らなければいけない。

靖國神社
ブロとも一覧
最新コメント
Amazon商品一覧【新着順】
Flashリバーシ
全記事表示リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核持ち込み密約問題で鬼の首を取ったかの様に報道する件 

1967年に佐藤栄作元首相が「核は持たず。作らず、持ち込ませず」と言った非核三原則を打ち出し、国是と扱われ
てきました。しかし1967年と言えば朝鮮戦争が終わり、冷戦時代の真っ只中であり。1965年からおきたヴェトナム戦争、いわゆるソヴィエトとアメリカの代理戦争の時代です。 丁度この時期マルスク理想主義に共感した大学生が日本各地で学生運動が活発化した時期でした。

確かにこの三原則を提案した事により佐藤栄作元首相が「ノーベル平和賞」を受賞した事にたいしては異論がありますが、、それを考えればヴェトナム戦争の真っ只中、核搭載の空母が日本に寄ったことは間違いないと伺えます。

しかし1945年の悪夢の年から今現在まで日本はアメリカに対し意見すら述べられない国だったではありませんか?
まして1967年~は日本は高度成長期に入り始めた頃です。 当時の内閣は日本の復興を優先に考え、いたずらに
日本国内に於ける左翼思想者を刺激させず、まず日本の完全なる復興に向けて、政府として暗黙の了解をせざる得なかったと思います。

その結果、当時の政権を担ってた自由民主党がアメリカと密約を結び、その事を麻生内閣までそれを踏襲してた事は
許されるざる事です。

核の密約問題でわが国は実害は受けておりません。当時の状況から苦渋の選択を迫られた結果と考えます。今現在
日本と言う国の息の根を止めようとする危険な法案が迫っています。

売国奴岡田外務大臣が薄っすら笑みを浮かべながらこの密約問題に関し記者会見してる姿、トップニュースでこの密約問題を掲げる報道関係、 その思惑の裏には何が隠れているのか? 聡明な方ならわかっていらっしゃると思います。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
よしっもう一度!
更新お疲れ様ですっ!
ほぉらっあなたにとって大事なものは~すぐ側にあるのっv-264
(以下省略
共に頑張りましょ
うぃっしゅv-154
No title
そういえば、政権交代の成果だと自画自賛していますが、小沢も鳩も岡田も皆自民党出身者ですが、何か?です。
ましてや自民党を一時は背負って立っていた小沢は一番事情を知っている筈。

卑怯者たちですね。一番信用ならない連中です。

拍手・くり
No title
新聞は政権交代の唯一の成果だと書いていました。
政権交代の唯一の成果が日米の国益を守るための密約(私に言わせれば紳士協定)をさらけ出すことなのか?国益の毀損が政権交代の意義なのか?と逆にお聞きしたいくらいです。政治もそうですが、マスコミも国家観なき国籍不明人種の集まりです。

拍手・くり














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://momochan1225.blog31.fc2.com/tb.php/26-a24b201f
応援サイト
矜持 英霊来世
立ち上がれ日本
最新記事
リンク
日本を救う100人のブログ
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
492位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
217位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。