英霊鎮守

戦後65年目、とうとう日本は赤化してしまうのか? いや、断じて赤化させてはいけない。戦前日本は赤に対しての防波堤であったがアメリカの帝国主義の前にその防波堤は崩された。
 
 
プロフィール

藤田東湖

Author:藤田東湖
祖先の功績を称えるべき、そして祖先が我々に託した日本を共産主義から守らなければいけない。

靖國神社
ブロとも一覧
最新コメント
Amazon商品一覧【新着順】
Flashリバーシ
全記事表示リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占領開始日 



br_decobanner_20100614122745.gif←憲法改正・教育基本法改正に賛成の方クリックお願いします。

tachiagare_pr_160.jpg


カルトは絶対駄目と思ったらクリックお願いします。


65年前の今日8月10日、米国最高司令長官ダグラス・マッカーサーが厚木飛行場に降り立った。 この日から本格的な日本占領が6年間続いた。

大東亜戦争開戦時、フィリピンで指揮をとっていたマッカーサーは日本軍機が米国軍機を打ち落とすのを見て、戦闘機を操縦しているのは日本の同盟国のドイツ人であると信じきっていた。このようにマッカーサーをはじめ当時のルーズベルト大統領、そして多くの米国人は日本人を蔑視し強烈な人種差別意識を持っていた。

だから無慈悲な原爆投下、無差別爆撃、民間船攻撃など数々の虐殺を行えたのだ。 大東亜戦争の起因については左翼どもが日本の侵略があったから始まったと定説的になってしまっているが、この説は当時の世界情勢の背景には全く触れず、一方的に支那を侵略し東南アジアを侵略したからであると言う。

大東亜戦争の起因は1918年の第一次世界大戦終結によって行われたパリ講和条約における日本の決議案から始まっている。 十六カ国が参加した同会議で日本は「国際連盟規約に人種差別撤廃」の規約を求めたのに対し、米英豪などの五カ国が白豪主義的見地から猛烈に反発した。 しかし日本側はリベリア人、アイルランド人などから
この人種差別撤廃論に感謝の言葉を受けた日本は更に努力を重ねて採決にまでもっていき、16票中11の賛成票を取り賛成多数で可決に思われたが、当時の米大統領が重要な議案は全会一致が不可欠と言い残し、さっさと帰国してしまい人種差別撤廃法案は幻に終わってしまった。

更に米国の人種差別は加速する。1924年の排日移民法の制定。明治の始めころから多くの日本人は米国西海岸やハワイに移民し、その真面目さから多くの日本人が成功を収めたが、この移民法の制定によって全て没収され日本人の移民者は混乱を極めた。この移民法制定によって日本人は強烈な差別と屈辱を受けた。

明治天皇の御意、「世界は皆同胞」のご意思を引き継がれた昭和天皇、即ち国の意志である人種差別の撤廃、人類平等を世界のスタンダードとする為には、白人の帝国主義に侵された国を解放しなければならない。先の国連決議で見られたように、白人相手に話し合いで白人が既得権益を手放すわけない。まして見下している日本人の話などに応じるわけもない。

このような状況下で決定的な通達が米国から日本に送られた。「ハルノート」である。世論は開戦やむなしの声が頂点を極め、ハルノートをそのまま受託すれば内戦が起こり、国家が分裂の危機にたたされた。そして12月8日を迎える。

白人列強が武力によって世界を支配している時代、太平洋に浮かぶ小さな黄色人種の国ただ一国が人種平等の旗を
立て虐げられている有色人種の希望の星となった。 これこそ明治維新以降掲げてきた日本の「大義」なのだ。

日本が戦った戦争を「善」とするのか「悪」とするのかは、自国が自身で判断すべきことで、多くの国民が生命を投げ出して闘い抜いた自国の戦争を「悪」と切り捨てることは、祖国への裏切り行為でしかない。

戦争は互いの国益の衝突である以上、敗北を喫した先の大戦も日本の国益を妨げる障害との戦いであり、つまり当時の日本にとっての「悪」との戦いであり、日本が「悪」だったのではなく、日本にとっての「悪」との戦いであったのだ。

植民地解放・自存自衛の戦いという日本の「正義」戦勝国の「正義」と相反していたから、占領軍は日本に「悪」のレッテル貼りをするため数々の工作をした。

そしてその洗脳政策が功を奏して、現在も続く戦前の日本は「悪」という史観、同じ日本人でありながら、祖先にたいして「悪」のレッテルを貼る。これほど悲しい事があろうか。
スポンサーサイト
コメント
こんばんは
日本はアメリカ(占領軍)の思うつぼに見事ハマッタわけですね。
そして日本人に思い通り自国(日本)を「悪」と罵らせることすらできたと・・・。
カルト並みのお手前。
恐るべきアメリカ。
やっぱ嫌い。
管理人様
いつもブログ拝読しています。
「ねずきちのひとりごと」のブログで日本の富国強兵についての記事があったのですが、
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-995.html

そこで紹介している面白い動画を発見しました。
保守政治家へのある種の政策提言のようですが、御参考までにどうぞ。
平成維新 その秘策21
http://www.youtube.com/watch?v=m3duPCqftrM
tiamat さん動画の紹介ありがとうございます。 これからもヨロシクお願いいたします。

見張り員さんのコメント「恐るべきアメリカ。 やっぱ嫌い。」 これには吹いてしまいました。 
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://momochan1225.blog31.fc2.com/tb.php/182-94cb655c
応援サイト
矜持 英霊来世
立ち上がれ日本
最新記事
リンク
日本を救う100人のブログ
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
569位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
248位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。