英霊鎮守

戦後65年目、とうとう日本は赤化してしまうのか? いや、断じて赤化させてはいけない。戦前日本は赤に対しての防波堤であったがアメリカの帝国主義の前にその防波堤は崩された。
 
 
プロフィール

藤田東湖

Author:藤田東湖
祖先の功績を称えるべき、そして祖先が我々に託した日本を共産主義から守らなければいけない。

靖國神社
ブロとも一覧
最新コメント
Amazon商品一覧【新着順】
Flashリバーシ
全記事表示リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝鮮人が傲慢な理由 

20100520_769970.jpg
<br_decobanner_20100614122745.gif←憲法改正・教育基本法改正に賛成の方クリックお願いします。

tachiagare_pr_160.jpg


カルトは絶対駄目と思ったらクリックお願いします。


ナチスと言えば何を想像されるでしょうか? まずヒットラーが行ったユダヤ人人種差別政策が思いつくと思います。
何百万人もガス室送りにし、民族浄化を行ったは疑わしいところもあるのですが、ユダヤ人を強制収容所に送り、奴隷階級にされ悲惨な目に合わせたことは紛れもない事実です。

第二次世界大戦でドイツ降伏の後、米国は開戦前から存在したオレンジ計画を100%遂行するが為に、日本軍もナチスと同じ悪辣で残虐のイメージを定着させる必要性がありました。しかし1919年に当時常任理事国だった日本は人種差別撤廃を発議すらした国な訳ですから、開戦前から日本はドイツに対し人種差別撤廃を呼びかけ、ユダヤ人差別政策を痛烈に批判し反対の立場を貫き、ユダヤ人の亡命を国を上げて支援していました。

しかしここで大きな矛盾が生まれてしまいます。ナチスの残虐非道な対ユダヤ人政策を痛烈に非難する米国、しかし過去に日本が提案した「人種差別撤廃条項」に当時のウィルソン大統領がこれを断固拒否、この大きな矛盾をドイツの同盟国、日本から突かれる訳にはいきません。オレンジ計画遂行の為にも日本はナチスと同じ残虐で悪辣な国家でなければいけなかったのです。

米国の行った日本人差別、そして民間人の大虐殺・日本で行った核実験などを正当化するために、米国は日本がナチスと同じように人種差別政策を推進してたと言う証拠を日本が敗戦濃厚になる頃から執拗に探し始めたのですが
日本は人種差別をしようとも、周りは海に囲まれ元来日本には日本人しか住んで居らず、人種差別自体が成立するほどの証拠は見つかりませんでした。

しかし朝鮮併合後、半島が日本の一部となったのをきっかけに、多くの朝鮮人が日本に出稼ぎにきており、その文化の違いから日本各地で朝鮮人とのトラブルが起こっていましたが、個人的なトラブルであり、政策としての
人種差別とは程遠いものでしたが、米国はこの在日朝鮮人に目をつけました。

昭和10年頃から流行った童謡

朝鮮人はかーわいそ お国の為に お家がぺっしゃんこ♪ (リピート)  作者不明

政策としての差別ではなく、逆に朝鮮人を日本人と同胞扱いする日本政府に対しての国民の不満がトラブルの原因となり朝鮮人を排除しようとした風潮はありこのような童謡も流行った。


丁度その時期に竹島問題の火付け人の「李承晩」が米国に亡命していました。この李承晩という朝鮮人はキリスト教徒であり、その為米国での受けも良かったことも手伝い、李承晩が捏造した日本での朝鮮人差別政策を鵜呑みにしてしまい、尚且つ米国の思惑と合致してた事から、とうとう「カイロ宣言」に於いて「朝鮮人が奴隷的差別を受けているので日本からの独立」を明文化しました。

そして停戦の八月十五日以降、米国の占領軍が日本にやってくると、ナチス政権下で迫害されたユダヤ人を在日朝鮮人に当てはめ、米軍は日本での朝鮮人奴隷解放を演じ、朝鮮人や台湾人を厚く優遇していきました。

そして戦前、追放を受けた共産主義者どもを復活させ、日本が如何に朝鮮人にたいして酷い差別政策をしてきかという捏造情報を何十倍にも膨れあげて流し、旧日本政府の悪辣さをプロパガンタしていたのです。

当時の日本人も当然困惑されたようです。当然でしょう、国の政策として朝鮮人差別など無かったのですから・・
しかしこれでは終わりません。朝鮮人が戦勝国である米国が後ろ盾となった以上、怖いものなどありません。

朝鮮人は図に乗り自ら「戦勝国」であると名乗り、日本各地で四千人を超える日本人を虐殺してまわりました。「朝鮮進駐軍

米軍の下で無力な日本政府、この朝鮮人を取り締まれる訳ありません。米軍さえこの蛮行を見て見ぬふり決めていました。その米軍の態度に更に図に乗った朝鮮人は、事もあろうか今度は米兵を襲ったのですが、これが契機となり朝鮮進駐軍は鎮圧されていきました。

この朝鮮人の蛮行が契機となり、朝鮮人への嫌悪感が膨れ上がり、戦前にはなかった朝鮮人差別へと進んでいった訳です。

状況が思わぬ展開になってしまった米国、しかし朝鮮人の解放軍としての立場は貫かなければならなかった米国は
更にそのプロパガンタの音量を上げます。戦前如何に日本人は朝鮮人にたいして酷い仕打ちをしてきたかと・・

以前の記事でも上げましたが、戦後の占領政策の一環として言論界・マスコミ界・教育界・そして政治、多くの日本人が公職を追放され、新たに共産主義者や朝鮮人がその空席につきました。戦後新しく公職についた連中が米国の思惑通りに動き、日本国家を貶め、朝鮮人を増長させ日本人との溝を深くし、現在の日本人と朝鮮人との構図を作りあげ、現在も尚、進行中な訳です。
参考東大出に左翼が多い訳



いい加減目を覚ませ日本人 洗脳状態から離脱し、見えない足枷・手枷を断ち切れ

20090205041730s.jpg
スポンサーサイト
コメント
朝鮮人が、なぜにアメリカのプロパガンダに容易に便乗し、躊躇なく豹変・忘恩の限りを尽くせるかというのは
朝鮮民族の民族性に起因すると考えます。
民族性とは、即ち「朝鮮儒教」=イテゲの唱えた朝鮮朱子学の影響だと思われます。

朝鮮儒教とは
簡単にいうと、人の道は上下のみで、その身分は生まれた時から決定して覆えることはない。
身分(徳)の低い人は、疑うことなく、身分(徳)の高い人に絶対服従あるのみ。
これこそが礼の世界であり、社会の秩序を守るものであり正義だ、
こういう理屈。朝鮮朱子学は学問ではなく宗教です。

学問と宗教の違いは、人徳のあるなしをだれが判断するのか?の違いに起因します。

国王様や人の身分は生れ落ちた時に「天様」によって決められたものであるから、
人から見れば、徳のない王様に見えても、王に生まれついた時点で徳が高い証拠となる。
したがって、どんなに疑問があっても不満を抱くのは誤り(身分は天からの授かり物)
王様の子は王様になり、奴隷の子は永久に奴隷、身分に応じて服装、宴会の回数など、形式を遵守せよ
それが礼

人の上下の根拠に(天様=神様)を抱くのでれっきとした宗教なんです。


一方、日本は人徳の高さを判断するのは「人」。
人間関係は上下のみならず、対等、平等の関係もまた大切である。
同じ志を持った仲間、友情も重要。同志を愛せ。形にとらわれすぎて、形骸化した礼を廃し、
物事の本質を見極めた道徳を求めることこそが礼

あくまで学問、思想として取り入れたわけだから神様不在、
日本では儒「教」と言わずに儒「学」であるのも、宗教ではなく飽くまで学問として導入されたからです。


朝鮮人に顕著に見られる
<私が正しいのは絶対である。それを疑ってはいけない!私は絶対に正しいのだから、証明も論拠も不用である>
あれが朝鮮人の「あるべき姿」であり儒教なんですよ。

いまも朝鮮人は宋代朱子学を最も過激且つ極端に先鋭化し宗教と堕した「妄想」に囚われているというわけです。















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://momochan1225.blog31.fc2.com/tb.php/170-1803cf8f
応援サイト
矜持 英霊来世
立ち上がれ日本
最新記事
リンク
日本を救う100人のブログ
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
569位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
248位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。