英霊鎮守

戦後65年目、とうとう日本は赤化してしまうのか? いや、断じて赤化させてはいけない。戦前日本は赤に対しての防波堤であったがアメリカの帝国主義の前にその防波堤は崩された。
 
 
プロフィール

藤田東湖

Author:藤田東湖
祖先の功績を称えるべき、そして祖先が我々に託した日本を共産主義から守らなければいけない。

靖國神社
ブロとも一覧
最新コメント
Amazon商品一覧【新着順】
Flashリバーシ
全記事表示リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開戦 

英霊来世 開戦より



<br_decobanner_20100614122745.gif←憲法改正・教育基本法改正に賛成の方クリックお願いします。

tachiagare_pr_160.jpg


カルトは絶対駄目と思ったらクリックお願いします。






日本人なら絶対忘れるな

1945 12・8 刻み込め

あの試練に立ち上がった記念日

強く誇り高き戦士

呼び起こせよ その遺伝子

確かに今 受け継いだなら

駆け上れ 心のニイタカヤマ

誇り取り返せ

今しかないぜ

俺達の世代で

何時までも黙ってられないぜ

歴史を取り返せ

やるしか無いぜ

俺達の世代で

もう日本は好きにはさせないぜ

リメンバーパールハーバー こっちの台詞だ忘れるもんか

世界は白人のモノじゃない その勇気と気概忘れない

南米 アフリカ 次はアジア 餌を食いつぶす白い牙

欧米人の陣取りゲームにくさび打ち込んだ ホントにスゲー

有色人種代表し植民地解放 破れ包囲網 つかめ未来を

太平洋吹き抜ける神風 夢 希望くれた間違いねぇぇ

受け継いだ誇りと志 俺達は英雄の子供たち

世界を変えたあの轟砲 もう一丁響かそうぜ 同胞

高めろ意識 深めろ知識 繋げろ北南に 東西に

音で仲間を繋いでいく これが俺達の開戦

誇ろう 語ろう 讃えよう 彼らの夢 今叶えよう

きっと何よりも熱かった 魂は俺達が預かった

譲ってならないものがある やらなければならない時がある

他の誰にも委ねたりしない 俺達が決める 俺達の未来

例え世界が何を言おうとも 俺達は語ろうその勇姿を

彼らが居たから今がある 俺達がやらなければ誰がやる

彼らと俺達の夢の続き 今日この日現実にする日

65年越しの約束 今 俺達で果たすぞ

いつかむこうに逝ったときに 笑って呑めるように

誇り取り返せ 歴史取り返せ 俺達の世代で

さぁ旗を立てろ 声を上げろ それぞれの場所でやり方で

考え続けろ 何ができるか 俺たちなら絶対出来るさ

もう時間は無いぜ 俺達の世代で取り返せ

今 それぞれの開戦 これが俺達の開戦


去年民主党が衆院選で大勝利したとき、正直、日本は終わったと思ったし、何をしても、どう足掻いても日本は変わらないと思っていた。

しかしそれがきっかけでブログを始めて、色んな人と話たり、聞いたりしてる内に微かな希望が見え始めてきた。
まだ日本は終わってなかった。日本各地に自分から鎖を断ち切り、自分で考えて国を真剣に考えている人々が多くいることを知った。

自分がブログを始める前は、ブログなんぞ一回も目を通さず、素通りしてたし、真剣に日本を憂いてる人など存在する筈が無いとも思っていたし、存在したとしても街宣右翼的なカラッポな愛国者ばかりと思っていた。

しかし今は違う。本当に心底国を憂いてる人々の多さに感激し、感謝し、励まされているのが現実です。
数年前から比べてみると本当に多くの人々の意識が変わったというか、危機感を持ったというか、こんなにも多くの人々が自虐という鎖を自ら断ち切り、歴史を振り返り、何が正しくて何が悪なのかを明確に理解されていることが本当に嬉しく思うし、逞しささえ感じています。ようするに周りが見えて無かったのです、俺は。

こんな つたないブログにコメントくれた皆様、リンクを貼らせて頂いてる管理人の皆様には特に感謝しています
コメントやこちらでリンク貼ってあるブログを読んでて何度勇気をもらった事でしょう。 

先だって八月十五日の靖国の件は記事にしましたが、確かに日本の状況は変わってきています。あと数年のうちにはきっと日本は変わって来ると思っていますし、変わらなければいけません。もしかしたら理想とする日本がすぐそこに来ているかもしれません。

しかし残念ながら自分に足枷 手枷が巻き付いている事を自覚出来ない多くの同胞がまだ多くいることも事実です
最近は酷暑のせいか、思考も止まり、ブログも億劫になりがちでランクも相当落ちましたが、更に気合入れて続けて行こうと思っているし、行動でも示して行こうと思って居ます。

英霊来世の皆さんの歌詞ではないですが、受け継いだ誇りと志を忘れてはいけません。俺達が生きている時代で歴史を断絶させる訳にはいかないのです。

スポンサーサイト
コメント
匿名P
戦争は何のためにやるのか? それは戦争をしてでも達成したい目的があるからだ。
今の世界で異論なく認められている戦争が自衛戦争である。他国からの侵略があった場合には、
侵略された国家が自存自立をかけて自衛戦争をすることが認められている。
当たり前である。異国の支配を受け奴隷化することを拒否する権利は各国にある。
ところが19世紀後半から20世紀初期までの情勢では、インドは英国が支配しており、東南
アジアではベトナムはフランスに、インドネシアはオランダに、インドシナ半島マラヤは英国
に、フィリピンは米西戦争でスペインから奪った米国の植民地になっており民族自決した国家
は既に無かった。支那も欧米列強の浸食にあっていた。その頃の世界は欧米列強が世界の総て
に支配を広め、もう新たな土地はない状態であり、欧米列強と、それに唯一伍していた日本を
含めた「残った強国どうしがお互いを食い合いはじめる状態」であった。
そんな状況で、日本は自国防衛のための施策の他に、国際連盟で「民族自決国家の樹立=植民
地主義の終焉を以っての国取ゲームの終息」を提案していたが、米国に無視された。
強国どうしが食い合うしうかない状態では、強国どうしは直接戦闘ではなく政治経済外交によ
る戦いとなり、我が国は原油禁輸という攻撃で破滅間近であった。
いくら強国どうしの戦争が危険でも「戦闘行為を発生させないために侵略自体を受け入れる」
という方法では「戦争をしてでも守るべき日本の国民の安寧・自由」を否定した日本人の奴隷
化でしかなかった。白色人種が当時、黄色人種に対して牛馬の様な扱いをしていた現実からは
受け入れられない選択であった。それが大東亜戦争開始の背景であり、その目的は植民地解放
民族自決国家の樹立による「国取ゲームの終焉による平和実現」であった。
日本は戦闘行為に負けたが目的は達成された。米国が大東亜戦争で演じた役割はソヴィエト・
ロシアのコミンテルンの謀略に乗せられて日本に政治経済外交で圧力を加えと戦争へと誘引し、
自分が戦ったことだ。戦っている最中にソ連の危険性に気がついた様だが、遅かった。
そのツケは広島と長崎が払ったのだ。これが原爆投下に至る大きな流れだ。米国に正義がある
としたら、戦後に植民地政策廃止理念を理解したことと、社会主義理念で糊塗したソ連の国取
ゲームに対して、米ソ冷戦でソ連に対峙し続けたことであり、大東亜戦争では米国には正義が
なく、原爆投下の正当性とは「ソ連に勝つ」という1点しかなく、対日本では一切正義がない。
考え様によっては・・。
戦後65年というキリの良い年にヒートアップした怒り!
今回の左翼デモに対する抗議運動の波紋は、
今後、更に大きな波紋となって広がって行くでしょう?

日本において”表現の自由やデモをする権利”を無視し”争いを未然に防ぐ”という観点から
警視庁が左翼のデモを中止していたらどうだろう・・?
デモを許可したからこそ多くの国民が立ちあがり左翼に対する怒りを実感できた。
そして人の口に戸は立てられないので、いくらマスコミが報道しなくても、
あの状況を目にした一般の人が人伝いに広めて行くでしょうし、

メッキが剥がれた左翼は今後、益々活動し辛くなるでしょうネ。
今回はこのへんで、血管がプチってなったら他界だから・・><シエエ~。
Re: 考え様によっては・・。
ヤハさんへ 
ネットの普及で各方面で現左翼どもの露骨な偽善者ぶりが明るみに出てきて、かつてのように一方的に情報操作
されていた時代と訳が違ってきてます。 

この状態は変わらず、更に加速していくと私は思いますね! 腰をお大事に!
戦い
戦いはまだ始まったばかりなのかもしれませんね。
対左翼の、日本を貶めようとする勢力との戦い。
きっとそれは簡単なものではないでしょうが、少しずつでも日本を大事にしようとか守ってゆこうという気持ちのある人がいる限り勝つ戦いだと思っています。

国家なくして国民なし 国民なくして国家なし

日本を「侵略」しようと虎視眈々の国々に対しても毅然としてものの言える国家にならないといけないし、国民の側ももっと変だと思うことにはしっかり発言できるようになってゆかねばいけないですね。

しかし・・・私はこんなえらそうなことを言っていいのでしょうか?
底の浅い知識でものを言ってるような気がしてなりません。もっと勉強します。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://momochan1225.blog31.fc2.com/tb.php/164-7d246746
応援サイト
矜持 英霊来世
立ち上がれ日本
最新記事
リンク
日本を救う100人のブログ
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
472位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
208位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。