英霊鎮守

戦後65年目、とうとう日本は赤化してしまうのか? いや、断じて赤化させてはいけない。戦前日本は赤に対しての防波堤であったがアメリカの帝国主義の前にその防波堤は崩された。
 
 
プロフィール

藤田東湖

Author:藤田東湖
祖先の功績を称えるべき、そして祖先が我々に託した日本を共産主義から守らなければいけない。

靖國神社
ブロとも一覧
最新コメント
Amazon商品一覧【新着順】
Flashリバーシ
全記事表示リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋葉原通り魔事件に想う 

<br_decobanner_20100614122745.gif←憲法改正・教育基本法改正に賛成の方クリックお願いします。

tachiagare_pr_160.jpg


カルトは絶対駄目と思ったらクリックお願いします。


日本人は戦技の経済成長期に金を稼ぐ意識が蔓延し、他人への配慮を見失った一面、戦後のどん底からの立ち上がりであっただけに、ただひたむきに汗を流し、社会や他人に目をかける余裕が無かったのは確かだ。

資本的競争では成功したのだろうけど、かつての日本人の心や徳などを見失ってしまった。確かに経済大国になった。成功は時として人間をおごらせる。即ち今までやってきたことは全て正しかったと・・・

そして自分さえよければと言う風潮が日本を支配してしまった。 それを後押しするように憲法でも国民の「個」の部分だけが強調され「公」の部分は全く度外視されてしまっている。 

当然教育の中でも「個」は尊重され、ガキが暴走を繰り返している。ガキの「個」を尊重してしまうから当然社会的訓練は出来ない。 「個」のみで生きて行くならば、学校教育など不要。塾で十分だ。

かつての教育勅語には明確に日本人の「和」と「公」への義務が明確に謳われている。 人間の社会と言うものは「個」と「公」を上手く強調させてこそ、人は健全に生きていけるのだ。

とある臨床心理士は、新聞でこう述べている。「対人関係の発達障害の出現率が高く、この三十年で五十倍に急増している。」 更に「対人関係の発達障害があると、幼い頃から空想癖が強く、思春期にイジメなどに遭って劣等感が深まると、その空想が殺人など残虐性を帯び、計画性も高くなる」。

また、ある精神科医は一連の少年犯罪に関して、こう述べている。「妄想に近い空想によって行動が影響されるような病質的な子どもが増えている。この空想に勝てる価値観を示せない社会が問題だと・・」

たかが掲示板で罵られたからと言って7人を殺した加藤智大、こいつも現在の風潮が生み出した悪魔と言えよう。そして2ちゃんねるや、コメント欄で中傷を書き続ける連中も加藤智大の心理状態と大差は無い。

対人関係の発達障害であるから、相手の顔が見えないネット社会で薄気味悪いコミュニティーを作り、意に反するものは徹底的に叩き、ある者はコメント欄で執拗な中傷を打ち続ける。 相手の目を見て反論出来ない、そのもどかしさから、そのような衝動に駆られるのであろう。

話が逸れたが先の教育勅語は戦後、前田多門・田中耕太郎らの文部大臣が、戦争に負けはしたが教育勅語は全ての先人・賢人の訓えを総合して作り上げられた素晴らしいものであり、敗戦後の日本の再建の為にも絶対不可欠と言い過ぎて、GHQの神経に障り是正を促されてしまった。その結果、選出の衆参両院で消滅の手続きとなってしまったらしい。 あまりにも残念な事実であり、精神的な敗北の一面である。

その結果出来上がったのが鬼畜白人の押し付け「教育基本法」、占領下で決められた教育基本法、鬼畜の感覚で彩られている為、日本人的感覚が失われ、日本人には到底合うはずもなく、結果多くの精神疾患状態の人間が溢れかえってしまったのだ。

余談 戦後の教育基本法の中で、実は漢字と平仮名・カタカナも是正されようとしていたそうです。さすがにそれはって事で、「当面使用できる」という意味で当用漢字と呼ばれたそうですね。 当用漢字は昭和56年まで続きました。 全ての文字がローマ字になっていたらと思うと恐しい事です。

プライド 運命の瞬間  忌まわしい東京裁判の真実 










スポンサーサイト
コメント
植民地になったことのある日本
こんにちは。

私が、知るにつれて不思議に思うのが、独立回復後なぜ直ちに憲法以下戦前の体制に戻さなかったのか?ということです。朝鮮戦争に出兵させたくなかったなどの理由も挙げられていますが本当のところはどうなのでしょう? それほど左翼勢力が強かった? 米国と何か取引でもあった? 戦争に嫌気のさした国民はそれほど「洗脳」されてしまっていた? 「事なかれ主義」「長いものに巻かれろ」が結局日本人の国民性の根本なのでしょうか? 分からない…!

日本の近代史の区分は、「戦前」「戦中」「戦後」ではなく、「戦前」「戦中」「占領」「独立後」と明確にすべきです。「天皇」と「日本語」が続いているので「繋がっている」ように見えますが、確実に「断絶」している。 「歴史は繋がっている」「一度も植民地になったことのない日本」と保守派は言いますが、実は「植民地(異民族支配)」になっている。いいかげんその事実を直視し総括すべきです。それを国民が客観的に認識しなければいつまでたっても前へ進めないと思います。

おはようございます
軽い熱中症のような症状で昨日は寝込んでいました。

さて、私もまる子さんのご意見には同感ですね。日本は独立国家として再生した時、戦前の体制に戻るべきでしたね。
教育勅語は、まさに日本人が日本人として生きるべき指針だと思います。これをなくし、ゆがんだ民主主義を受け入れた(受け入れざるを得なかった?)時からすでに日本社会の崩壊は始まっていたのでしょう。
もっと早く気が付いていればよかったのでしょうが、それを「軍国主義」と強引に結び付けた左翼勢力などが存在していたのでしょうね。
その結果がこの体たらくです。
戦前からのきちんとした「日本人の教育」があったならたとい、インターネットの社会であっても日本人はもっと違った道を歩んでいたのではないかと思うと甚だ残念であり、それこそ「英霊に対して申し訳ない」気持ちでいっぱいです。
もう遅きに失しているかもしれないが、「教育勅語」を復活させ大人も子供も教育し直す要ありとおもいます。
日本語もアルファベット化されている
パソコン操作を始めた頃は、
ワープロ時代に覚えたカナ打ちに慣れていたからしばらくは使っていましたが、
ローマ字打ちの方が早くて使用するキーも少ないというメリットに負けて
今ではローマ字打ちに慣れてしまいました。
パソコンを使用している大半の人がローマ字打ちをしていると思います。
残念ながら日本人の大半がこうしてローマ字アルファベットで
日本語を書く時代になってしまったのです。
今使用しているのは、また50音打ちの携帯端末に戻りましたが…。
異常な犯罪は、むしろ戦前の方が多いでしょう。和歌山県で起きた津山三十人殺しや、阿部定事件なんかは有名です。しかし、戦前には他にも快楽殺人等が腐るほど起きている。詳しくは「少年犯罪データベース」とかでくぐってみるといい。ていうか、あなたの理屈(戦後教育により異常な犯罪が発生したという説)が正しいとするなら、戦前の教育により快楽殺人事件が発生したという解釈も可能では?
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://momochan1225.blog31.fc2.com/tb.php/147-8bccab05
応援サイト
矜持 英霊来世
立ち上がれ日本
最新記事
リンク
日本を救う100人のブログ
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
492位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
217位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。