英霊鎮守

戦後65年目、とうとう日本は赤化してしまうのか? いや、断じて赤化させてはいけない。戦前日本は赤に対しての防波堤であったがアメリカの帝国主義の前にその防波堤は崩された。
 
 
プロフィール

藤田東湖

Author:藤田東湖
祖先の功績を称えるべき、そして祖先が我々に託した日本を共産主義から守らなければいけない。

靖國神社
ブロとも一覧
最新コメント
Amazon商品一覧【新着順】
Flashリバーシ
全記事表示リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきた蛍 

o0800040010558403356.jpg

br_decobanner_20100614122745.gif←民主党に政権執らせていたら危険だと思う方はクリックお願いします。

tachiagare_pr_160.jpg


カルトは絶対駄目と思ったらクリックお願いします。


チケット好評発売中
電子チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード404-495(販売初日は10:00~以降24時間対応)
ローソンチケット  0570-084-003(自動音声24時間対応 販売初日は10:00~) Lコード37196
          0570-000-407(オペレーター対応10:00~20:00)
SUI〔スイ〕      03-5791-3267(平日11:00~17:00)


料金:S席=7500円(当日8000円) A席=6500円(当日7000円)


チケットに関するお問合せ:SUI〔スイ〕 03-5791-3267(平日11:00~17:00)
公演に関するお問合せ:カートプロモーション 03-5431-3142(平日10:00~19:00)

◆出演者◆
二宮さよ子/川野太郎(Wキャスト)/堤大二郎(Wキャスト)/さとう珠緒
竹島由夏/山下平祐/斉藤佑介/芦田昌太郎/仲原裕之/伊崎右典
山口美砂/水出浩子/別当優作/炭谷征之/仁田宏和
奥田龍平/佐野貴之/鈴木彰人/石井由多加/中島大地/松尾佑将/山内 涼/
岩永大生/岡部雅子/浦崎鈴子/金子美鈴/森 美月
出合正幸(映像出演)/山木まこ(映像出演)/柳沢三千代(ナレーション)
前田耕陽/長江健次/柏 進/伊吹 剛




◆公演日程◆
☆一部ダブルキャストとなります。
(川野太郎出演回=K、堤大二郎出演回=T)
7/15(木) 19:00K
7/16(金) 19:00K
7/17(土) 13:00K/19:00K
7/18(日) 13:00T
7/19(月) 13:00T
7/20(火) 休演日
7/21(水) 13:00K/19:00K
7/22(木) 13:00T/19:00T
7/23(金) 19:00K
7/24(土) 13:00T/19:00K
7/25(日) 13:00T




◆会場◆

草月ホール
草月ホール公式HP


英霊が護ってくれたこの国。
学徒動員で10代の若い命が散華した。日本のため、家族のため、そして私たち子孫の為に命をかけて護ってくれたこの国を今あなたはどう思いますか?
日本は家族や友人、そして隣人を大切に考え、支え合い、困ったときには自然と助け合うことのできる国だったはずです。
英霊は自分のことなど二の次に、まずお国のためそして愛するもののため、将来の為に、今自分ががんばることが必要だと信じて戦ってくれました。「自分さえ良ければいい」日本はそんな国ではない、日本人はそんな民族ではないはずです。

当たり前のことを忘れてしまっていませんか。
日本は素晴らしい。日本人は素晴らしい。
この演劇を見て、忘れていた何かを思い出し、もっとがんばろう。
まだまだやれるはずだと英霊から元気と勇気をもらって下さい。
今日本の危機です。外国人に日本が乗っ取られようとしています。
外国に税金を垂れ流し、参政権迄与えてしまっていいのですか?そんな国にするために英霊は命を捧げたのでしょうか。私たちは感謝の気持ちを忘れずにこの大切な日本を護り、子供の世代に受け継いでいかなければなりません。そんなことを再認識させてくれる「帰って来た蛍」是非ご覧下さい。

やまと新聞より


内容的には「俺は君のためにこそ、死にに行く」の舞台版ですが、舞台ならではの迫力と生の英霊たちの声が聞こえてくるような出来栄えです。 お時間あったら是非ご覧になって頂きたいと思います。


英霊に対しての心構えとして友達から非常に素晴らしいメール貰ったので掲載いたします。

としぼーさんのように、戦没者の皆さんを悼む気持ちが
救いになるんだと思います。
Blogに少し書いたのですが、戦死者の霊というのは
一人も漏れることなく、今は神さまになっておいでです。
ですが、人間は死ぬと非肉体が分離するんですが、
この世に残る部分もあるんです。

一霊一魂と言って、詳細は長くなるので省きますが
一霊は天之御中主神の元へ還り、
(一霊があるから人間は動物と違う)
魄(ハク:私心)浄魂界へ穢れを落としに行き、
魂(コン:公心)は産土神界で魄の禊を待ち、
魄が戻って来ると再び合体し、幽真界で生きるために必要な
新しい胎を頂き、それぞれの霊格にあった世界に赴きます。
(この間に神判があります)

この後がややこしいのですが、魄は禊の間も含めて
この世に(自分のお墓など)鎮まる事になります。
ただし、お墓に戻れない魄もいます。
魄が戦場に残って彷徨う場合もあるかもしれません。
あるいは、あまりに苦しい状況で亡くなると
苦しみの念が強く残って固まりとなり、
本体の意思とは別の行動を取ることもありそうです。
また、凝り固まった念と念同士が合体して
妖物と化す場合もありますし、
悪魔に吸収され、取り込まれる事もあります。
これが幽霊や霊現象の正体かと思います。

ですからね、英霊の皆さんの苦しみに想いを馳せ悼んだあとは、
さっと感謝の念に切り替えて、
国家鎮護を祈るのが良いかもしれません。
よく、TVなので、いつまでも悲しんでいる人がいますが
あれは修行の邪魔になるので、絶対に良くないのです。
※もっと正しく詳しい話は、
「幽真界研究」:勅使河原大鳳を読むと良いです
290.jpg




>
スポンサーサイト
コメント
藤田様,
いつも拝読しております。

大変感動的な帰ってきた蛍の動画の紹介有難うございました。
先人の方々の犠牲には頭が下がります。

ところで, つい最近別のブログで日本の平和や安全を守っている自衛官や警察官, それに海上保安官の方々にに対する感謝の念を訴える動画を発見しました。
あまり, こういう動画は見たことがないので感動しました。
それから, この動画を見てはじめて
日本は戦後,戦争に参加しており(イラクではありません),
戦死者を出していた事を知りました。

参考までに, 紹介します。
http://www.youtube.com/watch?v=elPqLm5Kjbk&playnext_from=TL&videos=BLcgIYA7FsA
おはようございます。
「俺は、君のためにこそ死にに行く」のDVDを買ってから休日のたびに見ていますがその度に涙を禁じえません。
自分を投げうって「国」とその未来のために死んでいった英霊に皆さんに今の日本は冷たすぎるし、だいたい「外国人参政権法案」だの「夫婦別姓法案」だのとふざけた法案ばかり通そうとして、彼らがその命をかけて守ろうとしたものを壊そうとする狂ったとしか思えない政権。
天罰が今に来ます。
そのとき彼らはどうするのでしょうか・・・?
おはようございます。 キメラさん、見張り員さんコメント有り難うございます。是非この「帰ってきた蛍」をご覧になって頂きたいと思います。 これからも宜しくお願い申し上げます。
五百旗頭真「日米戦争と戦後日本」より
■五百旗頭真「日米戦争と戦後日本」(1989大阪書籍刊)より

アメリカの第二次大戦中の文書をワシントンの国立公文書館で見ていて、私はびっくりした。
沖縄戦に関しては、アメリカ側が敗者意識を持っているのである。実質的な敗戦である、というのがワシントンの受けとめ方であった。
つまり、四月中に作戦完了の予定の沖縄戦が五月に入り、五月中には片づかず六月にずれ込む。
そして六月も下旬の二十三日になって、ようやく片づいた。三倍の期間をかけたこの戦いは実質的には敗北である、というのがアメリカ側の受け止め方である。
硫黄島、沖縄はアメリカ軍部にとって失敗した作戦、もしくは苦すぎる勝利である、というのがアメリカ軍部の実感であった。

※愛国市民からは評判の悪い現防衛大学校校長の五百旗頭真氏ですが、
こうした認識は持っていたのですね。
















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://momochan1225.blog31.fc2.com/tb.php/129-c9e5ba15
応援サイト
矜持 英霊来世
立ち上がれ日本
最新記事
リンク
日本を救う100人のブログ
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
569位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
248位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。