英霊鎮守

戦後65年目、とうとう日本は赤化してしまうのか? いや、断じて赤化させてはいけない。戦前日本は赤に対しての防波堤であったがアメリカの帝国主義の前にその防波堤は崩された。
 
 
プロフィール

藤田東湖

Author:藤田東湖
祖先の功績を称えるべき、そして祖先が我々に託した日本を共産主義から守らなければいけない。

靖國神社
ブロとも一覧
最新コメント
Amazon商品一覧【新着順】
Flashリバーシ
全記事表示リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従軍慰安婦問題をでっち上げた国賊 吉田清治 

;">1983年に文筆家の吉田清治の書著「私の戦争犯罪 朝鮮人の強制連行」と題した捏造本が出版されました。
内容は私は軍の命令でにより、朝鮮人女を205人強制連行し、従軍慰安婦ににしたと言うセンショーショナルな内容の本でした。 この暴露本が噂となり、これを嗅ぎ付けたのが左翼紙の朝日新聞社でこの捏造本を大々的に取り上げ、現在に於ける「従軍慰安婦」問題に火を着け現在に至って居るのです。 この国賊「吉田清治」が出版するまでは1度たりとも「従軍慰安婦」問題は朝鮮はおろか支那からも問題視されては居りませんでした。
 
ところが1992年に歴史研究家「秦郁彦教授」が捏造本の証言に基づいて済州島に行って現地調査を行いましたが
その裏づけは取れず、ましてこの現地調査の2年前にも済州島も地元新聞「済州新聞」までもが、聞き取り調査をしたがその裏づけも取れなかったのです。この様な敬意があり、国賊吉田は自らの書「私の戦争犯罪」はでっち上げの書と認めたのです

yoshida.jpg ;">国賊 吉田清治


1996年5月号の「週刊新潮」に国賊吉田のコメントが掲載されています。「「本に真実を書いても何の利益もない。事実を隠し自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやるじゃないか」と開き直ってコメントしております。

なぜ、吉田はこの様な捏造本を書いたのか? それはこいつが根っからの共産主義者であり、国家転覆を企んでおり生まれつきの「利己的主義者」であったからなのです。 後の1998年にこの現地調査をした教授とのやり取りで、日本国内の「人権屋」に依頼されたと、暴露もしております。

*人権屋*(光市母子殺害事件を担当した弁護士のような歪んだ正義感の持ち主、 その大多数がサヨクであり、日々平和、反戦、平等と叫んでおり、現在アイヌ問題なども人権屋が入り込み事を大きくしている)

しかしまずかったのは、これ以降の日本政府の対応でした。この捏造本により火のついた朝鮮人の世論をなだめる意味で安易に朝鮮人に謝罪をしてしまったに留まらず、朝鮮政府から「金銭補償は求めないから強制連行があった事実は認めて欲しい」との通達があり、安易な形で強制連行を国が認めてしまったのです。

この様な経緯があり、日本国家は日本国民に対し恥をかかせ、世界から性犯罪国家の汚名を着せたのです。
この様な「汚名」は簡単には消し去ることは出来ないと思いますが、未来の為、日本国家の威信の為に真の日本人で
一日も早くこの汚名を消し去る努力をしなければいけません。

当時朝鮮には慰安婦は存在しましたが、強制的な従軍慰安婦は存在しなかったのです。そもそも従軍慰安婦なる言葉さえ当時はありませんでした。 従軍看護婦と言う言葉が混同された物なんでしょう。 従軍と聞きますとあたかも強制と言う響きに取れますが、強制連行は在りませんでした。

当時朝鮮には「キーセン」と言う売春宿が各地に数多くあり、それを仕切る朝鮮人と日本軍は取引をし軍専用の売春宿にしたことは当時の資料からも事実として伺えます。 キーセンを仕切っていた朝鮮人も日本軍を相手にしたほうが当然儲かりますので競って日本軍の専属売春宿に名乗りを上げてたそうです。300px-Kisaeng_School.jpg
朝鮮人の売春宿 キーセン

ianfu3.jpg
当時の慰安婦募集の張り紙


chochiku.jpg 

当時の朝鮮人売春婦の預金通帳


chochiku.jpg
br_decobanner_20100322114909.gif



いま蘇る 日本の歴史 全10巻【通販市場】いま蘇る 日本の歴史 全10巻
10,500円
日本の大地に染み付いた記憶をDVDセットに!

Ads by 電脳卸
スポンサーサイト
応援サイト
矜持 英霊来世
立ち上がれ日本
最新記事
リンク
日本を救う100人のブログ
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
286位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。